女の人

早く治すための方法

肌ケア

それぞれのタイプの特徴

ニキビよりも治るのに時間がかかるのがニキビ跡です。幾つかのタイプに分けられていて、それぞれに原因や特徴などが違っています。比較的軽いニキビ跡で正しいスキンケアで治りやすいのが赤みタイプです。ニキビの炎症がまだ肌の奥では治りきっていなかったり、ニキビがあった部分の毛細血管が傷つくことで起こります。シミのように茶色く色素沈着したタイプは、メラニンが原因となっています。ニキビによる炎症が強いと体が炎症から肌を守ろうとして、メラニンをたくさん作り出してしまい、それが色素沈着したものです。美白ケアで改善可能ですから、気長にスキンケアしていきましょう。そして、肌がしこりのように盛り上がったり、クレーターのように削られたタイプは、肌の深部にまでダメージが達していますから、美容皮膚科などのレーザー治療がおすすめです。

タイプ別のスキンケア方法

ニキビ跡の中でも、スキンケアで治るのが赤みタイプと色素沈着タイプです。赤みタイプは炎症を抑える成分が入った化粧品を使って、しっかりと乾燥させずに保湿を徹底するのが大切です。少しずつニキビ跡が薄くなってくれますから、ベーシックな基本ケアを正しく行いましょう。色素沈着タイプはメラニンが原因ですから、シミと同じようなケアがポイントです。美白成分の中でもビタミンC誘導体はメラニン還元作用がありますから、スキンケアに取り入れてみましょう。また、紫外線を浴びてしまうとニキビ跡が濃くなる場合もありますから、紫外線対策はしっかりと行うのが重要です。どちらのタイプもターンオーバーが鍵となりますから、低刺激な角質ケアを取り入れると治りやすいです。

Copyright© 2016 ニキビ洗顔で肌の悩みを解消~美しい素肌に大変身~ All Rights Reserved.