女性

洗顔で肌トラブル改善

石鹸

低刺激な洗顔料を使うことでにきびを悪化させることなく洗顔できます。無添加タイプの石鹸ならそれが可能で健やかな肌になれますから、にきびケアから予防まで行えます。また、正しい洗顔方法を身に付けて、肌に刺激を与えずに行うようにしましょう。

View Detail

早く治すための方法

肌ケア

ニキビよりも治りにくいニキビ跡には幾つかのタイプがあります。それぞれのタイプによってケア方法も違いますし、ホームケアでは改善が難しいタイプもあります。赤みが出るタイプはベーシックなスキンケアの徹底、色素沈着タイプは美白ケアを行うのが良いでしょう。

View Detail

跡になるできもの

目を閉じる女性

ニキビが治ったあとにできてしまう跡にはリプロスキンという製品が良く効きます。リプロスキンは化粧水なので簡単に利用することができるため、顔のニキビ跡が気になっている方は利用してみてはいかがでしょうか。気になるニキビケアが簡単に出来るのです。

View Detail

ニキビ対策の洗顔方法とは

洗顔

毛穴をきれいにする洗顔

ニキビができている時には、あまり刺激を与えない方が良いと言われています。刺激を与えることで炎症を起こしたり、色素沈着を起こしてしまうことがあるからです。ただし、毛穴が汚れていたり皮脂が詰まっていたりすると雑菌が繁殖しやすいので、なかなか症状が改善されません。毛穴をできるだけクリーンに保つことが大切ですので、ニキビ洗顔では毛穴の奥まで洗うように心がけます。実際にニキビ洗顔を行う時には、ゴシゴシとこするのではなく泡を利用します。いつも使っている洗顔剤でも構いませんので、手の平でよく泡立ててから洗います。キメの細かな泡を作れば力を入れなくても毛穴の奥まできれいにすることができますので、肌に負担をかけずに洗うことが可能です。

洗顔剤の選び方

洗顔剤選びで大事なのは、肌に合っているかという点です。洗った後に肌が突っ張るような商品は洗浄力が強すぎますし、汚れが落ち切っていない時には洗浄力が足りません。毛穴の汚れがひどい時には、一時的に弱アルカリ性の商品を使用するとよく落ちます。ただし、弱アルカリ性の洗顔剤は刺激が少し強いので、使用し続けるのには向きません。汚れが酷い時だけピンポイントに使用するのが向いています。ニキビ洗顔用にも安心して使用できるのが、弱酸性の成分です。弱酸性は肌に優しいので、ニキビによるトラブルを起こしていても負担を減らしながら綺麗にすることができます。ニキビ洗顔では肌コンディションを整えることが重要ですが、洗い過ぎにも注意が必要です。

Copyright© 2016 ニキビ洗顔で肌の悩みを解消~美しい素肌に大変身~ All Rights Reserved.